《スポンサードリンク》
デオスピード×デオエース×デトランス
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

リーダーに最も必要な資質|自分がリーダーだという姿勢と考え方

ライオンはなぜ百獣の王なのでしょう?

背が高いだけならキリンの方が高いし、身体がでかいだけなら象やカバには敵わない。
足が速いのらチーターがいます。

なぜライオンが動物界の王様なのでしょう?

それはリーダーとしての姿勢だと考えられます。

今日は『リーダーに最も必要な資質|自分がリーダーだという姿勢と考え方』と題して、リーダーに最も必要な姿勢と考え方について書いていきます。



世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

リーダーに最も必要な資質|姿勢を変えれば人生が変わる

リーダーに最も必要な資質|リーダーとしてみんなを守らないといけない

リーダーの姿勢とは?どんな姿勢でしょうか?

人間は誰しもリーダーシップを発揮しないといけない場面があります。

たとえば・・。

父親として夫として家族の長になったとき。夫の留守を守る母。
兄弟ふたりきりになったときの兄。
後輩ばかりの中にただ一人先輩が自分だけのとき。


誰にでもそういう場面があるでしょう。

そのときが来たら心が奮い立ちます。

独特の緊張感と責任感が自分を包み込みます。

リーダーとしてみんなを守らないといけない。

それがリーダーの姿勢です。

リーダーに最も必要な資質|『自分がリーダーだ』という姿勢

姿勢というのは言葉では説明出来ません。

強さや責任感だけでは足りません。

何かが秀でているからリーダーに相応しいというわけではない。

よく高校野球ではレギュラーでないキャプテンがいますが、野球が一番うまいからリーダーになるわけじゃありません。

集団の中で能力が秀でていてもリーダーにはなれないのです。

リーダーにとって一番必要なものは『姿勢』です。

『自分がリーダーだ』『みんなを引っ張らないといけない』という姿勢です。

リーダーに最も必要な資質|リーダーは選ばれてなるものではない

先ほど、自分がリーダーになる場面では心が奮い立つと書きましたが、誰もが奮い立つわけではありません。

当然、自分がその場面ではリーダーにならないといけなかったとしても心が奮い立たない人もいます。

その人はリーダーではありません。

リーダーは選ばれてなるものではありません。

リーダーは肩書ではないのです。

心が奮い立ち、自分こそが全責任を持つと腹をくくれる人がリーダーです。

リーダーの姿勢とはそういう姿勢です。

傲慢になれということではありません。

人のせいにしないということです。

心が奮い立たない人は、残念ですが人のせいにする人です。

自分だけが問題なければ他の人が困っていても気にならない人。

他人のことも自分のことのように気にかかる人がリーダーです。

リーダーに最も必要な資質|誰もが自分の人生のリーダー

誰もが自分の人生は人のせいに出来ません。

原因をいくら他に求めたところで、それを選択したのは自分です。

自分以外に自分の人生に責任を持てる者はいないのです。

そういう意味では誰もが自分の人生のリーダーです。

自分の人生に責任を持つように、リーダーになった場面では他人のことにも責任を持つ。

それがリーダーに最も必要な『姿勢』です。

リーダーに最も必要な資質|自分がリーダーだという姿勢と考え方のまとめ

今日は『リーダーに最も必要な資質|自分がリーダーだという姿勢と考え方』と題して、リーダーに最も必要な姿勢と考え方について書きました。

リーダーとしてみんなを守らないといけない
独特の緊張感と責任感が自分を包み込む。
リーダーとしてみんなを守らないといけない。

『自分がリーダーだ』という姿勢
『自分がリーダーだ』『みんなを引っ張らないといけない』という姿勢。

リーダーは選ばれてなるものではない
リーダーは肩書ではない。
心が奮い立ち、自分こそが全責任を持つと腹をくくれる人がリーダー。

誰もが自分の人生のリーダー
自分以外に自分の人生に責任を持てる者はいない。
誰もが自分の人生のリーダー。

今日も読んでいただきありがとうございます。





くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
LEAN BODY