《スポンサードリンク》
SuRuRu
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことをやらないと社会では生きていけない|イチロー先生

2020年7月14日

『宿題のある意味?』

『おしえて!イチロー先生』で子どもからイチロー先生への問いです。

子どもだから宿題ですが、
大人なら仕事だったり、人とのコミュニケーションだったり、
広くいうと『やりたくないこと』をやる意味ということになるかと思います。

今日は『やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことをやらないと社会では生きていけない|イチロー先生』と題して、やりたくないない事をやった方がいい理由にてついて考えていきます。



世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

イチロー プロフィール

イチロー(鈴木一朗、すずき・いちろう)は、愛工大名電高から1991年ドラフト4位でオリックスに入団。
登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」に変更した94年に当時最多の210安打で首位打者に輝き、以降7年連続首位打者。95年には打点王、盗塁王も獲得、翌96年はリーグ連覇、日本一の立役者となり、3年連続でMVPに。
2001年にポスティングでマリナーズへ移籍。移籍1年目からMLBの新人最多安打記録を更新するなど大活躍し、メジャーリーグでもスター選手となった。12年7月にヤンキース、15年にはマーリンズへ移籍。16年8月にはMLB通算3000安打を達成した。18年3月に古巣のマリナーズに復帰。同年5月に会長付特別補佐に就任、選手としては同年の残り試合は出場しないことが発表された。翌19年に日本開催のMLB開幕戦に9番ライトで久しぶりの出場を果たし、翌2戦目の試合出場後に現役引退を発表した。

引用:週刊ベースボールONLINE

やりたくないない事をやった方がいい理由|宿題のある意味ってなんですか?【おしえて!イチロー先生】

やりたくないない事をやった方がいい理由|人間はやりたくないことと向き合っている

よくよく考えてみると私たちは常にやりたくないことと向き合っている。

なぜなら、やりたいこと、好きなことならとっくにやっているからです。

掃除や洗濯、食事の準備、後片付け、テーブルになんとなく置いてある書類まで
落ち着いて眺めてみたらやらないといけないけど、手を付けていないことで溢れています。

目に見えるものだけではなくて、
目に見えないものでも毎月の光熱費や家賃の支払い、ローンなど。
これらも、やりたくないけどやらないといけないものです。

ですからイチロー先生がいう『やりたくないことをやらないと社会では生きていけない』というのは仕事だけではなくて、あらゆることに当てはまります。

子どもにとって宿題がその訓練になるのなら、
大人にとってこの日常のやりたくないこととの向き合いは同じく訓練だといえます。

やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことは伸びしろがいっぱい

やりたいことと違って、やりたくないことは伸びしろがいっぱいあります。

やりたいことならすぐにやりますので、
もちろんやりたいことですから成長しますが、
小さい伸びしろと向き合いつづけることになります。

しかし、やりたくないことというのはあまり手を付けませんから
やりさえすれば伸びしろが大きいのです。

ぐんぐん成長します。

仕事でも、やりたくないことから先に片付けると仕事がすごくはかどった気持ちになります。

あとはやりたいこと、苦にならないことしか残っていないので気が楽です。

『やりたくないこと』をどう取り扱うかで随分気持ちが変わってくるのです。

やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたいことだけをやるというのは覚悟が必要

やりたいことだけをやるというのは一見聞こえはいいですが、すごく覚悟がいります。

先ほども書きましたがやりたいことというのは常に小さい伸びしろとの向き合いです。

簡単には成長できません。

それが楽しさでもあるのですが。

『おしえて!イチロー先生』の別の動画でイチロー先生が言っていましたが、
プロになるというのは責任がついてまわります。

やりたいことも仕事にした途端、それまでと同じようには楽しめなくなります。

それがプロというもの。

やりたいことだけをやる。

『やりたいこを仕事にする』というのは実に覚悟と努力と忍耐が必要なことなのです。

やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことは仕事になりやすい

やりたいこと、やりたくないことは人それぞれ違うものですが、概ね汚いこと、キツイことは誰でもやりたくありません。

やりたくないことは仕事になりやすいですが、誰もがやりたいことは仕事になりにくいのです。

ですから、『やりたくないことをやらないと社会では生きていけない』というのは一理あるのです。

もし、やりたいことだけをやりたい、仕事にしたいと思うのなら、それが趣味のときのような楽しさはなくなるということ。

お金を稼げるほど求められるようになるには相当の努力が必要なことを覚悟しないといけません。

やりたくないことの取扱次第でそれを楽しむという生き方もあるのです。

やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことをやらないと社会では生きていけない|イチロー先生のまとめ

今日は『やりたくないない事をやった方がいい理由|やりたくないことをやらないと社会では生きていけない|イチロー先生』と題して、やりたくないない事をやった方がいい理由にてついて考えました。

人間はやりたくないことと向き合っている
やりたいこと、好きなことならとっくにやっている。
日常のやりたくないこととの向き合いは訓練。

やりたくないことは伸びしろがいっぱい
やりたくないことというのはあまり手を付けませんから
やりさえすれば伸びしろが大きい。

やりたいことだけをやるというのは覚悟が必要
やりたいことも仕事にした途端、それまでと同じようには楽しめなくなる。

やりたくないことは仕事になりやすい
お金を稼げるほど求められるようになるには相当の努力が必要。

今日も読んでいただきありがとうございます。





くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
家電買取