《スポンサードリンク》
SuRuRu
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

人生を豊かにするご縁の法則ー悪い縁でも縁は縁!悪い縁にも感謝する

ご縁を大事にするというと良縁のことを思います。

良い縁を大事にしようと思うでしょう。

恩師、友人、結婚、仕事のパートナー。

良い縁が良い人生を創ると誰もが思います。

お釈迦様は説かれています。

すべては『縁によって起こっている』。(縁起論)

すべてということは良縁だけではありません。

悪縁も入るのではないでしょうか?



今日は『人生を豊かにするご縁の法則ー悪い縁でも縁は縁!悪い縁にも感謝する』と題して、
悪縁の大切さについて書いていきます。



世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

人生を豊かにするご縁の法則ー人生は良い縁と悪い縁とで出来ている

すべては『縁によって起こっている』

お釈迦様が説かれた『縁起』という思想です。

すべてです。

すべての中には良いものもあれば悪いものもあります。

しかし、良い悪いという区別を一旦脇に置いて
すべては縁があって起こっているということが一番大切な教えです。

過去が今になり今が未来になっていきます。

すべては繋がっているのです。

良い”起”のためには良い”縁”を結ばないといけないし、
悪い”起”があったということは悪い”縁”があったということです。

すべては自分の起こしたことです。

人のせいには出来ません。

この『縁起』という言葉、
『こいつは春から縁起がいいや」などと親しみのある言葉ですが思想は本当に深いです。

人生を豊かにするご縁の法則ーすべてはうまくいっている

  1. 「良い人生にするために」どう生きていくかとゴール見て生きるか
  2. 「すべてうまくいっている」というゴールから見て生きるか

どういう視点で人生を見るかで縁起に対する考え方も変わります。

どうしても1ゴール見がちになります。

そうすると自分にとって不都合なことが起こると
これは悪縁だ、悪い縁を創ってしまったから悪い結果(起)が起こってしまったと思います。

しかし、「すべてはうまくいっている」という2ゴールから人生を見た時
今は悪い結果(起)に見えたとしてそれは時期が来たら
良いことに転ずるかもしれないと思えるようになります。

この考え方に馴染んでくると『良いことになるに決まっている』とさえ思うようになるのです。

だとすると・・。( ̄ー ̄)ニヤリ
もしかしてこれってこう見えてるけど、実はこうなんじゃない?的な
物事をいいふうに捉える思考癖が出来てきます。

そうすると随分心が楽になるはずです。

未来に対する不安ほどストレスになることはありません。

人生は良いことと悪いことで出来ているので
悪い方の解釈が変わればすべて良いことに転ずることが出来るからです。

人生を豊かにするご縁の法則ーそう見ればそう見えてくる

人生は解釈次第です。

人生とは人間の悩みの三大要素、お金、時間(年齢)、人間関係のすべてが詰まっています。

これらはすべてが解釈次第なのです。

お金ならたくさんあると良くて少ないと悪い。
時間(年齢)なら若いのは良くて歳を取ると悪い。
人間関係ならあの人は良い人、悪い人。

どちらかに分類していきます。

良いことが多いと幸せで悪いことが多いと不幸せ。

そうやって人生を解釈していきます。

こんな話があります。

500億円の資産があった資産家が
投資に失敗して200億円まで資産が目減りしたそうです。

その資産家はどうしたと思いますか?




その資産家は自殺してしまいました。

くろちゃんは財布に200円しかなくても自殺しませんけどね。(笑)

たくさんあることが幸せとは限りません。

幸せはモノの量では測れないのです。
その人が量をどう解釈しているかなのです。

そこで『縁起』の思想の解釈が重要になって来ます。

失敗したとか、損をしたなど、
目の前で起こる不都合なことへの解釈を
「すべてはうまくいっている」に変えるのです。

そうすると今目の前で起こっている一見不都合なことも
ゴールでは『すべてうまくいっている』としたら・・・?

と思って目の前の出来事を見れるようになります。

そう見ればそう見えてくるのです。

人生を豊かにするご縁の法則ー自分にとって都合の悪い人はもうひとりの自分?

人間関係でも自分に合う人合わない人がいます。

しかし、それは自分にとって都合が良い人悪い人です。

その人自体が生まれながらに悪い人なわけではありません。

確かに多くの人から嫌われる傾向の人もいます。

その場合でもその人が絶対的に悪いのではなく、
その人がいると都合の悪い人が周りにいるというのが正しい見方です。

どんな人でも好かれる人もいれば嫌われる人もいるものです。

今日は悪い縁にも感謝する『ご縁の法則』ですから
そういう自分に都合が悪い人とのご縁にも感謝しましょうという話です。

簡単です。

昨日のエジソンの名言にもありました。

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

- トーマス・エジソン -

うまくいかないのは失敗ではなく
うまくいかない方法を見つけたということです。

同じように
自分にとって都合の悪い人はたくさんのことを教えてくれる存在だと思うのです。

自分にとって都合が悪いということは考えが合わないということです。

自分にとって都合が悪い考えというのを教えてくれる存在です。

また、それが都合が悪いということは
自分の中にもそのような考えがあった可能性があります。

自分が採用しなかった考えなのでそれを言う人が
自分にとって都合が悪い人になっている場合があるのです。

たとえば自分の中にA案とB案があったとします。

考えに考えた末にA案に決めました。

そんな事も知らずにまったく同じB案を主張してきた人がいたら
自分にとって都合が悪い人になってしまいます。

これは自覚がある場合のたとえ話ですが
無自覚な場合、なんか知らんけど腹立つみたいなことになるのです。

少し視点を変えて都合が悪い人を見たら
自分の中にあるもうひとりの自分を見せてくれていると考えることも出来ます。

人生を豊かにするご縁の法則ー今どんな良い縁を結ぶか?

普段、『今を生きる』ことを声高に主張しているのに
今日のご縁の法則では『過去が今になり今が未来になる』など反対のことを言っているようですが、
そうではありません。

確かにすべては繋がっていますから『過去が今になり今が未来になる』のです。

しかし、だからこそ『今』が大事なのです。

今どんなご縁を繋ぐかが大事なのです。

もし、昨日悪いご縁を結んだとします。

このままだと明日悪い結果(起)が出る。

だとすると今日どんな縁を結ぶと明日良い結果(起)が出るか?

そう考えて今を生きるのです。

『すべてはうまくいっている』という思考癖が
『今』必要な縁を発見するために絶対に必要な思考なのです。

『すべてはうまくいっている』

これこそが『人生を豊かにするご縁の法則』なのです。

人生を豊かにするご縁の法則ー悪い縁でも縁は縁!悪い縁にも感謝するのまとめ

今日は人生を豊かにするご縁の法則ー悪い縁でも縁は縁!悪い縁にも感謝すると題して、
人生を豊かにするご縁の法則を分解して解説しました。

良いご縁を結ぶというのは
自分にとって都合が良い縁だけを言うのではありません。

一見自分にとって悪いご縁だったとしても
解釈を変えることで良いご縁だったとなるように
悪い縁とも良いお付き合いをすることです。

そのためには「すべてはうまくいっている」という
ゴールから逆向きに『今』を捉えることが大事なのです。

今日読んでいただいた皆さまに良いご縁がありますように。


今日も読んでいただきありがとうございます。


くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。