[新型コロナウイルス]“第3波で注目”「除菌スプレー」 プロ愛用! 食品に直接噴霧

《スポンサードリンク》
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

自分とは何か|見えない自分が見える自分を創る|知花敏彦

自分とは何かを説明するとき、様々な表現方法があります。
色々な言い方をして『自分』とは何かを説明するのですが、この知花敏彦先生の解説がこれまで聞いたことのない面白い表現だったのでご紹介します。

今日は『自分とは何か|見えない自分が見える自分を創る|知花敏彦』と題して、知花敏彦先生の「自分とは何か』という解説を聞いて感じたことを書いていきます。



世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

知花敏彦(ちばなとしひこ) プロフィール

1940年、旧満州ハルピンに生まれ、沖縄で育つ。
幼少より霊能力に優れ、中学を卒業後は南米へ渡る。
ボリビアで約30年間、農耕作業をしながら、自己を追求する。
その後、「日本で神理を説きなさい」という啓示を受け、沖縄へ。帰国後もエジプト、ヒマラヤで修行し、宇宙意識に到達。
宇宙の法則やフリーエネルギーなどあらゆる分野に精通し、超意識の世界方人類救済のために指導を行う。
地球環境の保全と修復のための研究開発に取り組み、更に人類の未来と宇宙意識への到達の為に瞑想と講話を通じて指導を行う。
2009年、この世のすべての役目を終え、天に帰りました。

引用:https://www.kazeyamato.co.jp/chibana/

知花敏彦講演集 A21 自分とは何か

自分とは何か|見えない自分が見える自分を創る

自分とは何か?

自分は肉体という見えるものだとほとんどの人が思っています。

それも自分には違いないのですが本質ではありません。

『水や氷』(液体や個体)の本質は気体です。

本質である気体がなくては液体も個体もありません。

『自分』も同じで見える自分(肉体)は見えない本質の自分があって成り立っているのです。

自分とは何か|肉体は無常、魂は久遠

この世界は縦横高さ時間がある世界です。

つまり物質の世界です。
 
人間も、それ以外の森羅万象すべてのものは形があります。

人間が認識するものは、縦横高さ時間があります。
 
しかし、それらはすべて、縦横高さ時間のない世界から生まれました。

縦横高さ時間のない世界とは見えない世界のこと。

すべてのものは見えない世界から生まれて見えない世界に帰っていくのです。

見えるものは無常で見えないものは久遠くおんです。

生きている時の肉体は仮の姿。無常です。

常に変化を続けやがて消滅します。

しかし魂は久遠、永遠なのです。

ルドルフ・シュタイナーは『いったん創造されたものは物質的にはなくなってもエネルギーを発し続ける』といいました。

これは見えないもののことです。

物質としての形はなくなってもエネルギーである魂は久遠なのです。

自分という本質はエネルギーのようなものなのです。

自分とは何か|自分と自分以外で宇宙は成り立っている

自分とは何か?

この世は自分と自分以外で成り立っています。

自分以外とは言い換えると宇宙のことです。

宇宙とは地球の外にあるものではありません。

ここも宇宙です。

地球も自分も宇宙の一部です。

宇宙は全体とかすべてのことでもあります。

ですから本当は自分と自分以外が合わさって宇宙。全体です。

宇宙イコールこの世です。

夢枕獏著『羊の宇宙』の中で老物理学者(アインシュタイン)は宇宙のことを
「今ね、ここから見えるもの全部ことさ。わたしやきみのことや、この地面、空気あの山のこと。雲。それから空。樹。水。夜になると出てくる星のことや月のこと。」といいました。

自分と自分以外でこの世は成り立っています。

宇宙は成り立っているのです。

自分が確定することで自分以外が確定し、自分以外が確定することで自分が確定します。

自分というものを完全に理解するためには、自分以外を完全に理解する必要があります。

逆にいうと自分を知ることは宇宙全体を知ることでもあるのです。

宇宙全体を知らないということはまだ理解しきれていない自分が存在するということなのです。

宇宙も自分も果てしなく未知なる存在なのです。

自分とは何か|自分は自分以外で出来ている

自分以外が確定することで自分が確定するのなら、自分は自分以外で出来ているということでもあります。

人はひとりでは生きていません。

目に見えるもの。目に見えないもの。

自分以外の存在があることで自分が存在しているのです。

生命(いのち)は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分
他者の総和

しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

吉野弘著「生命は」

自分とは何か|見えない自分が見える自分を創る|知花敏彦のまとめ

今日は『自分とは何か|見えない自分が見える自分を創る|知花敏彦』と題して、知花敏彦先生の「自分とは何か』という解説を聞いて感じたことを書きました。

見えない自分が見える自分を創る
自分(肉体)は見えない本質の自分があって成り立っている。

肉体は無常、魂は久遠
生きている時の肉体は仮の姿。無常です。
常に変化を続けやがて消滅します。
しかし魂は久遠、永遠なのです。

自分と自分以外で宇宙は成り立っている
自分が確定することで自分以外が確定し、自分以外が確定することで自分が確定する。

自分は自分以外で出来ている
目に見えるもの。目に見えないもの。
自分以外の存在があることで自分が存在しているのです。

自分というものを探求したとき、様々な答えにたどり着きます。

しかし、どの答えもひとつの状態を違う表現で表しています。

そのこと自体が『自分』というものの正体です。

自分も自分以外も、その双方を合わせたものも。

どれもが自分であり、自分を表すためのパーツのようなものです。

自分も自分であり、他人は自分を写す鏡です。

自分と自分を写す鏡を受け入れることで全体の自分を知るのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。



ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
家電買取