くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

人生の意味とは何か?|一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解する

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解するとは?どういうことでしょうか?

一人で生きることを追求すると全体で生きるとは?の答えが見えてきます。

それが人生の意味を理解することになるのです。

今日は『人生の意味とは何か?|一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解する』と題して、人生の意味とは何か?について考えます

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

人生の意味とは何か?|一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解する

一人で生きることを学ぶ

一人で生きることを学べば学ぶほど、人生の意味を理解するのが早くなる。

正しいですか?

yahoo知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11264805456

みなさん、ごきげんよう。

今日もよろしくお願いします。

一体何を問われているのか?すぐには理解出来ませんでした。

今でも理解出来ているかどうか怪しいですが、『こういうことを問われているのかな?』と考えるキッカケを掴むと実に深いことを問われていると思いました。

この質問を回答することで、こんなことに気がつきました。

人生において、一人で生きるということは現実的ではありませんので思考実験だと思って読んでください。

『一人で生きる』ことの反対は『誰かと生きる』です。

『誰か』という特定の人と生きる人生です。

それは夫婦であったり、家族であったり、友人という場合もあるでしょう。

会社に属していれば会社の同僚たちという場合もあります。

つまり、私たちは人生の中で、その時々によって『誰か』をクルクルと変えながらですが、常に『誰か』と生きています。

一人の時間もありますが、頭の中には『誰か』がいるということもありますから、完全に一人ということはほとんどありません。

つまり、『私』というのは、常に『誰か』とセットであると考えられるのです。

当たり前すぎて在ることを忘れてしまっていますが、私とは『私+誰か』のことなのです。

そして、特定の『誰か』とセットのとき、『それ以外の誰か』との人生はないわけですから、人生のすべてを理解することは不可能ということになります。

ここまでいいですか?

『一人で生きることを学ぶ』ということの意味は?

一人ぼっちで生きるという意味ではないのだと思いました。

特定の『誰か』を設けない状態のことを『一人』と言っているのだと思ったのです。

つまり、この場合の『誰か』は世の中全体のことです。

そして世の中というのは、森羅万象のことであり、人生のすべてを意味していて、一人で生きることを学べは学ぶほど人生の意味を理解するという解釈になるのではないか?

そう思いました。

一人で生きるとは何か?

私と世界をひとつとして捉えることを『一人で生きる』と言っているのではないか?と思います。

ここで沖縄の方言について、少し触れたいと思います。

先日(2022年7月7日)放送された『秘密のケンミンショー極』は沖縄一県スペシャルでした。

その中で沖縄の方言にある『○○しましょうね』という表現について紹介されていました。

本土の人なら、『○○しましょうね』と言われたら『一緒にしましょうね〜(let’s together)』と誘われていると思って、ついて行かないといけないと勘違いしそうですが、沖縄ではそうではないそうです。

『私はこれから○○します』というお知らせみたいなものだそうです。

この独特の表現は、自分と相手を区別しないという沖縄の共同体意識が根底にあるからだと考えられています。

『○○しましょうね』以外にも『明日行く』ことを『明日来る』と言ったり、『教える』ことを『習わせる』といったり、相手の視点に立った表現が他にもあるそうです。

逆に『行きましょうね』を『行くね』と言うと、少しそっけないというかドライな印象を持たれるそうです。

自分と相手を区別しないというのは、自分と自分以外、つまり自分と世界を区別しないということでもあります。

言葉を換えれば自然と共に生きるということです。

『自然と共に生きる』とは?自然と仲良くするということでもありますが、畏敬(いけい)するということでもあります。

畏敬とは畏れ(おそれ)敬うこと。自然のスケールの大きさやその働きを知り、敬うことです。

つまり、相手を畏敬するということです。

なぜなら、人間も自然の一部ですから、相手は一番身近な自然と考えることが出来ます。

一人で生きるとは何か?を追求すればするほど、一人で生きないということ。私以外と生きることも学ぶことになります。

つまり、全体がわかるようになります。

全体のことがわかると人生のことがわかると考えられるのです。

 

では、ごきげんよう。さようなら。

人生の意味とは何か?|一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解するのまとめ

今日は『人生の意味とは何か?|一人で生きることを学ぶと人生の意味を理解する』と題して、人生の意味とは何か?について考えました。

一人で生きることを学ぶ 
『一人で生きることを学ぶ』ということの意味は?
一人ぼっちで生きるという意味ではないのだと思いました。
特定の『誰か』を設けない状態のことを『一人』と言っているのだと思ったのです。
つまり、この場合の『誰か』は世の中全体のことです。
そして世の中というのは、森羅万象のことであり、人生のすべてを意味していて、一人で生きることを学べは学ぶほど人生の意味を理解するという解釈になるのではないか?

一人で生きるとは何か? 
一人で生きるとは何か?を追求すればするほど、一人で生きないということ。私以外と生きることも学ぶことになります。
つまり、全体がわかるようになります。
全体のことがわかると人生のことがわかると考えられるのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

No tags for this post.
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
No tags for this post.