すべては今のためにあったこと

無碍の一道とは、何の妨げも障害もない道ということです。 何の妨げも障害もない人生などないで ...

西郷南洲遺訓

今日は、西郷南洲翁遺訓を輪読した感想を書きます。 究めた先には社会があると言う話です。 今 ...

リハビリの夜

自分が見えていないことを見ないと人は気づけません。 それも出来るだけ臨場感があった方がいい ...

西郷南洲遺訓

『西郷南洲遺訓』は、幕末のスーパーヒーロー西郷隆盛(以下西郷さん)の言葉を後世に残すために ...

すべては今のためにあったこと

世の中をよくしたい。大きな志ですが、大きな志を達成するためには小さなことを積み重ねないとい ...

すべては今のためにあったこと

許す心は貴い心です。今日は中山靖雄著『すべては今のためにあったこと』から、許すことの貴さを ...

堕落論

理想とは何か?堕落とは何か?人間の真の姿、己の真の姿を素直に認めるためにも坂口安吾の堕落論 ...

五輪書

おそよ400年前に書かれた宮本武蔵の五輪書(ごりんのしょ)は、兵法書であると同時に宮本武蔵 ...

考え方

交渉とは?交渉は駆け引きではありません。なんのために交渉するのかといえばお互いが利益を得る ...

本の所感

この世のすべてが三択問題で出来ているとして人と猿で比べたら猿の方が正解率が高いそうです。猿 ...

100万回生きたねこ

名作絵本『100万回生きたねこ』は40年(1977年に出版)に渡り読み継がれ200万部も売 ...