Amazonで電子書籍を出版しました。 KindleUnlimited会員なら0円で購入できます。 ぜひ、お読みください。m(_ _)m
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

直感を信じる|人生は選んだものしかない

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

直感を信じていいのか?

直感みたいな不確かなものを信じていいのでしょうか?

これについて考えてみます。

今日は『直感を信じる|人生は選んだものしかない』と題して、直感を信じるついて考えます。

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

直感を信じる|人生は選んだものしかない

直感は当たると思いますか?

直観は当たると思いますか?

例えば、就職や転職の選考時に「この会社融通がきかないな」「応募者に対してかなり上から目線だな」「同職種の社員さんの顔が暗いな」と感じた場合、入社してからも社員を大事にしない・理不尽に感じる社風である可能性が高いでしょうか?

yahoo知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10274200795

みなさん、ごきげんよう。

今日もよろしくお願いします。

先日(1月20日)、上記質問に対して以下のブログのような内容を回答しました。

嫌な予感が当たるわけ|心に振り回されない

嫌な予感が当たるわけ|心に振り回されない

それについて返信がありました。

ありがとうございます。

たしかに私の先入観もあると思います。

実際、いま転職活動中で質問文に書いたようなことをある企業に対して感じたので、質問しました。

昔勤めていた会社で面接時に感じた印象が入社したら当たっていたことがあるので、慎重になってしまうんですよね…。そんなこと言い出したら良いところなんてなかなか見つからないのもわかってはいるのですが…。

この質問に対して、さらに回答しましたので、その内容について深堀りしていきます。

もしかすると、僕の返信が直感なんて思い込みや先入観だから気にせずに入社した方が良いと言っているように伝わったのかもしれないと感じました。

もちろん、決めるのは本人ですから、どうしろという意味での回答ではありませんでした。

ただ、気にせずに入社した方が良いという意図はありませんでした。

読み直すと、そうも取れるなと思って伝え方未熟を感じています。

といって、直感は信じた方が良いと言い切ってしまうと、また誤解を生むかもしれずなかなか悩ましい。

ですが、正直に思うことは直感を信じた方が良いということです。

前回のブログと重複しますが、そう感じるにはそう感じるなりの理由があり、いったんそう感じてしまうと、やることなすこと、それに符号するように見えてしまうからです。

ということは、逆に良い印象を直感で感じたとすると、そう感じたのにはそう感じた理由があり、よほど期待を裏切らないかぎり良い風に良い風に解釈することになります。

なので、自分の直感を信じて、『ここだ』と思う会社を選んだほうがいいと思うのです。

自分の本当が相手の本当になるように

人生の岐路があり、2つの選択肢があった時、その両方を体験した上でどちらを進むか選べるのであれば、こんんな簡単なことはありません。

ですが、人生は選んだものしかありません。

そして、自分の直感が正しいか間違っているか確認する術がないのです。

自分が感じたものがすべてです。

たとえば、自分のことを不当に扱う上司がいたとします。

その上司が、本当は自分のことを思って厳しくしてくれていたとしても、それを不当だと感じてしまったらそれはやはり不当なのです。

『本当は何か?』というのは、とても大切なことのようで、実はそれくらい儚いものです。

だから、人と接する時にその気持が伝わる接し方をしないといけないのです。

『一期一会』という言葉がありますが、今この瞬間はたった一度しかありません。

自分の本当が相手の本当になるような伝え方をしないと、そのチャンスは今しかないのです。

直感を信じる|人生は選んだものしかない

質問者さまが返信に書いてくれたように、『そんなこと言い出したら良いところなんてなかなか見つからない』かもしれません。

そう思っているので、きっとそうなるでしょう。

仮にそうなった場合、それだけ苦労した末に見つかった会社というのは、自分の中で格別の会社になるはずです。

ちょっと良いところがあると『やっぱり直感は間違っていなかった』と繰り返し思うはずです。

もちろん、どんな場所にいても良いことばかりではありません。悪いことや辛いこともあるはずですが、そんな時に嫌な予感がしたのに入社したのと、良い予感がして入社したのとでは、同じ嫌なことがあっても見え方が違うはずです。

嫌な予感がしたのに入社していれば『やっぱり』と思うし、良い予感がして入社していれば『そういうこともある』と思えるかもしれません。

よほど裏切られるようなことがないかぎり、自分の直感を信じることが出来ます。

ですから、直感は当たると考えて信じることをオススメします。

正解を選ぶのではなく、選んだものを正解にするためにも、ここは自分が選んだのだと思える選択をした方がいいのです。

 

では、ごきげんよう。さようなら。

Amazonで電子書籍を出版しました。
Unlimited会員なら0円で購入できます。
ぜひ、お読みください。m(_ _)m

直感を信じる|人生は選んだものしかないのまとめ

今日は『直感を信じる|人生は選んだものしかない』と題して、直感を信じるついて考えました。

直感は当たると思いますか? 
良い印象を直感で感じたとすると、そう感じたのにはそう感じた理由があり、よほど期待を裏切らないかぎり良い風に良い風に解釈することになります。
なので、自分の直感を信じて、『ここだ』と思う会社を選んだほうがいいと思うのです。

自分の本当が相手の本当になるように 
『本当は何か?』というのは、とても大切なことのようで、実はそれくらい儚いものです。
だから、人と接する時にその気持が伝わる接し方をしないといけないのです。
『一期一会』という言葉がありますが、今この瞬間はたった一度しかありません。
自分の本当が相手の本当になるような伝え方をしないと、そのチャンスは今しかないのです。

直感を信じる|人生は選んだものしかない 
直感は当たると考えて信じることをオススメします。
正解を選ぶのではなく、選んだものを正解にするためにも、ここは自分が選んだのだと思える選択をした方がいいのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

No tags for this post.
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
No tags for this post.
Amazonで電子書籍を出版しました。 KindleUnlimited会員なら0円で購入できます。 ぜひ、お読みください。m(_ _)m