心を聞く『聞き方』お教えします 家族の話、部下の話が聞きたい人へ『心の聞き方』を学びませんか
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

過去を克服する方法|今幸せであることに全力をつくす

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

過去を克服する方法というタイトルですが、過去を変えることが出来るわけではありませんので、過去を受け入れる方法と言った方が正しいと思います。

今が幸せであれば、過去は幸せに包括されるという話です。

今日は『過去を克服する方法|今幸せであることに全力をつくす』と題して、過去を克服する方法について考えます。

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

過去を克服する方法|今幸せであることに全力をつくす

過去を克服する方法

学生時代にイジメられていた記憶が未だによぎります。

30代ですが、ふとした時学生時代にイジメられていた事を思い出して落ち込むことがあります。

別に壮絶なイジメにあっていた訳ではありません。

陰口や暴言くらいです。

世間的に見ればよくある話だと思うのですが、そういう記憶を払拭するにはどうすれば良いでしょうか?

何年も前の事を引き摺っていて恥ずかしいのですが、当時の記憶がよぎると、人が怖く思えるのです。

克服したいのですが、方法が分かりません。

何かアドバイスを頂きたいです。

よろしくお願いします。

yahoo知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13270844983

 

みなさん、ごきげんよう。

今日もよろしくお願いします。

 

過去をなかったことには出来ません。

そんな自分が今をどう生きるか?しか出来ることはありません。

過去の記憶が色あせてしまうくらい、今自分の周りにいる人たちに好かれ、信頼され、良い関係になることが出来れば、過去の記憶は色あせてしまうはずです。

過去をなんとかしたいと考えても出来ることはありません。

今が幸せだったら、すべては今のためにあったことになります。

過去に心を引っ張れるということは、今が十分でないということです。

今を十分にすれば、あのときがあったから今があると思えるようになります。

そうなるように今を生きることが過去を克服するということです。

幸せになる為に苦がある

苦しみをどう捉えるか?どう考えるか?で、人生の見え方は大きく変わります。

苦は大和言葉では数字の九だそうです。

九を通って十になります。十は十分の十、充足の充でもあります。

九を通らなければ十にはなりません。苦を通って人は幸せになるのです。

昔の人は、それを十九(とく)といったのです。

『とく』とは徳を積むの徳でもありますし、得でもあります。

徳を積むとは、善いことをするだけではありません。

苦労をすること。悩むことも徳を積むことなのです。

そう考えたら、目の前の悩みや苦しみが違って見えてきます。

つまり、未だ過去のことで苦しんでいるということは九の最中ということです。

九を通りこして十(十分)になれば、十九(とく)となって、あの時の苦い思いのおかげで今の幸せがあると思う時が来ます。

その為に苦があるのです。

今幸せであることに全力をつくす

これまでをどう解釈すると、今が幸せという解になるのか?

過去は解釈次第でいくらでも変えられるのです。

幸せとは極めて主観的なものです。

誰がなんといおうが、本人が「有り難い、幸福だ」と思っていたら、不幸はありえない。だから幸福は、心が生み出すきわめて主観的なものなのだ。

-中村天風-

この言葉は、人生の真実を教えてくれていると思います。

僕は脳出血で、もう死ぬのかもしれないと思ったことがありました。

不幸中の幸いで病気をする前と変わらない生活を送れています。

ですが、死ぬかもしれないという経験をして思ったことがあります。

これまでの人生がいかに幸福だったとしても最後の一秒にやり残しや言い残したことがあると、それが後悔になるのだということです。

過去がどうだったとか?これからが不安だとか、死ぬ瞬間には何ら関係がないということです。

今、自分がやり残しがないか?言い残したことがないか?だけがすべてなのです。

安らかに死ぬためには、今だけが重要なのだとわかりました。

これは死ぬ時だけではなく、生きている今も同じだと思うのです。

過去や未来は今の幸せに何ら関係がないのです。

過去がどうであれ、未来にいくら不安があれ、今が幸せなら、そんなものはふっ飛ばしてしまうのです。

なので、『過去を引きずるなかれ、未来を憂うなかれ、今幸せであることに全力をつくせ』なのです。

 

では、ごきげんよう。さようなら。

過去を克服する方法|今幸せであることに全力をつくすのまとめ

今日は『過去を克服する方法|今幸せであることに全力をつくす』と題して、過去を克服する方法について考えました。

過去を克服する方法 
過去をなんとかしたいと考えても出来ることはありません。
今が幸せだったら、すべては今のためにあったことになります。
過去に心を引っ張れるということは、今が十分でないということです。
今を十分にすれば、あのときがあったから今があると思えるようになります。
そうなるように今を生きることが過去を克服するということです。

幸せになる為に苦がある 
未だ過去のことで苦しんでいるということは九の最中ということです。
九を通りこして十(十分)になれば、十九(とく)となって、あの時の苦い思いのおかげで今の幸せがあると思う時が来ます。
その為に苦があるのです。

今幸せであることに全力をつくす  
過去や未来は今の幸せに何ら関係がないのです。
過去がどうであれ、未来にいくら不安があれ、今が幸せなら、そんなものはふっ飛ばしてしまうのです。
なので、『過去を引きずるなかれ、未来を憂うなかれ、今幸せであることに全力をつくせ』なのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

No tags for this post.
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
No tags for this post.