《スポンサードリンク》
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

執着を手放す|素直に生きる

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

執着を手放すには、今の自分を受け入れ、自分に素直に正直に今を生きることです。

執着している暇もないほど、今の自分に素直に正直に一生懸命に生きること。

そうすれば執着に浸っている暇などないのです。

今日は『執着を手放す|素直に生きる』と題して、執着を手放すについて考えます

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

執着を手放す|素直に生きる

執着を手放す

分からないので教えて欲しいです。
執着を手放せば人生うまく行くというけれど、執着を手放したら欲しいものは手に入るのですか?
例えば、「~が良い」ではなく「~で良い」と範囲を広げ妥協すれば手に入ります。ただ、本当に「~で良い」が良いのか私は疑問でたまらないです。
(中略)
どうでしょうか?
yahoo知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11261557631

執着を手放すとは?

『執着を手放す』というのは、ある『心の状態』へ導くためのたとえ話です。

これも、たとえ話になりますが、この世界を創造した神様になったと思ってください。

何か欲しいものはありますか?

この世界を創造した神様ですよ。

今手ぶらだったとしても、きっと欲しいものはないだろうと思います。

なぜなら、欲しいものがあれば創造すればいいだけだからです。

むしろ、今ここで必要ないもの以外は、持つと荷物になるでしょう。

欲しいものは欲しいときに創造すればいい。

いつでも在る。

それが執着をなくした心の状態です。

手に入らないと思っている思いが苦しみであり、うまくいっていないという感情であり執着です。

なので、執着をなくせば人生うまくいくという話しになります。

この世界に在るものは誰のものでもない

久しぶりに紹介します。

神様が見える子供たちの『お金持ちのなり方』動画です。

この動画の中で6歳のトキくんが自分のことを大金持ちだと言っています。

もちろん物理的なお金を持っているわけではないと思いますが、トキくんは自分と自分以外を分けていないのです。

自分が持っていなくてもこの世にはたくさんお金がありますね。

自分が持っているかどうかに執着がない。

この世界に在るものは誰のものでもない。

だから大金持ちなのです。

なので、自分が所有していなくても豊かな心で生きているわけです。

そうすると他人に与えることに頓着しなくなります。

与えるとありがとうと感謝されます。

このありがとうポイントがたくさん集まると、それが物理的なお金となって還ってくるとトキくんは言っています。

モノへの執着をなくし豊かな心になって他人に与えられる人になるといいですね。

素直に生きる

執着を手放す|素直に生きるのまとめ

今日は『執着を手放す|素直に生きる』と題して、執着を手放すについて考えました。

執着を手放す 
いつでも在る。
それが執着をなくした心の状態です。
手に入らないと思っている思いが苦しみであり、うまくいっていないという感情であり執着です。
なので、執着をなくせば人生うまくいくという話しになります。

この世界に在るものは誰のものでもない
自分が持っていなくてもこの世にはたくさんお金がありますね。
自分が持っているかどうかに執着がない。
この世界に在るものは誰のものでもない。
だから大金持ちなのです。
なので、自分が所有していなくても豊かな心で生きているわけです。

素直に生きる
執着があるのなら、それを手に入れるために今出来ることをする。
手放したくないのなら、その思いに素直に正直に生きる。
次の瞬間も次の瞬間も、ただただ執着している『私』を受け入れて、今出来ることをすることです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

No tags for this post.
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
No tags for this post.