くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

理不尽な扱いを受けるのは?|世界は『私』の心の表れ

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

現実世界は『私』に対する世界の反応です。

目に見えること、目に見えないことの区別なく、『私』の生き方に対して世界からの反応が返ってきています。

ですから、私が変わると反応も変わります。

良いとか、悪いに関係なく、ただ反応として返ってきています。

その反応が望ましいものでなければ『私』が変わればいいのです。

今日は『理不尽な扱いを受けるのは?|世界は『私』の心の表れ』と題して、理不尽な扱いを受けるのは?について考えます

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

理不尽な扱いを受けるのは?|世界は『私』の心の表れ

世界は『私』の心の表れ

世界は『私』の心の表れだというお話をします。

『現実は自分の心の映し鏡』とも言います。

会社で『私』ばかりが周囲の人から不当に扱われているとします。

たとえば、同じことをしてもあの人は注意されないのに、『私』だけが注意をされるなど。

これも、『私』の心の表れです。

逆の場合を想像してください。

『私』は、みんなに平等に接していますか?

注意すべきことは、どんな人であっても注意するでしょうか?

理由は色々とあったとしても、ひとりひとり対応が違うはずです。

たとえば、本来ミスをするような人ではないけれど、ケアレスミスで起こったと判断した場合。

こういう人にはわざわざ注意しなくても自分で考えて、次のミスがないようにするだろうと思うかもしれません。

たとえば、言ったら口ごたえする後輩。

こんな後輩、別にかわいくないし、言ったら口ごたえされると、それに付き合うのが面倒だから、言わないと思うかもしれません。

逆に、少々理不尽でも先輩の言うことは素直に聞いてくれる人にだと、『私』の自尊心を満足させてくれるので、たいしたことでなくても注意してしまうかもしれません。

どんな理由があるにせよ。

『私』は相手をみて、それに相応しいと思う扱い方をしているはずです。

他人だって同じことです。

他人にとって、『私』は、そう扱うのに相応しい人間なのです。

それが正解か?どうかは別としてです。

目の前で起こる現実世界は『私』の心の表れです。

『私』がどんな風にこの世界で生きているか?

その応えが世界では表現されているのです。

『私』の心を世界は表してくれています。

他人を変えるよりも『私』を変える方が圧倒的に早い

それを自覚することが出来たら、『あの人が悪い』とか、『なんで、あの人はそんな理不尽な考え方なのだろう?』とか、『どうしたらあの人に私のことがわかってもらえるだろう?』とか考えなくなります。

考えても仕方ないというよりも、問題はそこではないと気づくからです。

『私』の生き方が世界に表れているのだから、他人を変えようとしてもそれはほとんど無意味です。

ほとんどと言ったのは、まったくではないからです。ひとりひとり考え方が違うので、同じ『私』でも正当に扱ってくれる人と、不当に扱う人がいるでしょう。

ですが、これが『私』を間違わせているのです。

どういうことか?というと、不当に扱う人ばかりだと、さすがの『私』もいい加減に『私』に問題があると気づくでしょう。

ですが、そんな中にも出来た人がいて、優しく接してくれる人がいます。そうすると、その人の対応が正しくて、不当に扱う人の性格が悪いとか、人間性に問題があると思ってしまいます。

もちろん、これだって、何が正解かはわかりません。

ですが、間違いないのは、他人を変えるよりも『私』を変える方が圧倒的に早いということです。

『すべての人は世界を変えたいと思っているが、 自分を変えようとは思ってはいない。』とは、作家トルストイの言葉です。

現実は『私』に対する世界からの賜り物

理不尽な扱いを受けるのは?|世界は『私』の心の表れのまとめ

今日は『理不尽な扱いを受けるのは?|世界は『私』の心の表れ』と題して、理不尽な扱いを受けるのは?について考えました。

世界は『私』の心の表れ 
目の前で起こる現実世界は『私』の心の表れです。
『私』がどんな風にこの世界で生きているか?
その応えが世界では表現されているのです。
『私』の心を世界は表してくれています。

他人を変えるよりも『私』を変える方が圧倒的に早い 
『私』の生き方が世界に表れているのだから、他人を変えようとしてもそれはほとんど無意味です。
ほとんどと言ったのは、まったくではないからです。ひとりひとり考え方が違うので、同じ『私』でも正当に扱ってくれる人と、不当に扱う人がいるでしょう。
ですが、これが『私』を間違わせているのです。
どういうことか?というと、不当に扱う人ばかりだと、さすがの『私』もいい加減に『私』に問題があると気づくでしょう。
ですが、そんな中にも出来た人がいて、優しく接してくれる人がいます。そうすると、その人の対応が正しくて、不当に扱う人の性格が悪いとか、人間性に問題があると思ってしまいます。
もちろん、これだって、何が正解かはわかりません。
ですが、間違いないのは、他人を変えるよりも『私』を変える方が圧倒的に早いということです。

現実は『私』に対する世界からの賜り物  
今目の前で起こっている現実は、これまでの『私』に対する世界からの賜り物だということです。
それをいただいて、これからどう生きていくか?
他人は変えるのではなく、やはり『私』はこれからどう生きていくか?が大切だということです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。