くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

あの苦い経験があったからこそ今がある

amazonチャージ  コンビニ・銀行でチャージする度最大2.5%ポイント

この世界は『ここ』と『ここ以外』で成り立っています。

時間は『今』と『今以外』で成り立っています。

人生は『幸せ』と『幸せ以外』(不幸せ)で成り立っています。

不幸せな経験があるからこそ、幸せを感じることが出来る。

ですから苦い経験もときに必要なのです。

今日は『あの苦い経験があったからこそ今がある』と題して、あの苦い経験があったからこそ今があるということついて考えます

 

世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

あの苦い経験があったからこそ今がある

伝えようと努めることもコミュニケーション

自分はめんどくさくて、言いたいことを言わなくなりました。

昔は相手に自分の意見を伝えていました。

話は無限ループで必ず片方が折れないと話は進みません。伝える気力でとても疲れるし、時間もとてももったいない。だから何か言われた場合は特に気持ちを伝えず「そうだね」「ごめんね」と簡潔に済ませています。自分としてはこの生き方がとても楽でストレスも減りました。

しかし相手側は気持ちを伝えてくれない、と傷つけているみたいです。わたしはどうせ同じ流れになるなら簡潔にした方がいいと思うのですが、伝えるようにした方がいいのでしょうか?

yahoo知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13254685543

確かにめんどくさいことだと思います。

結果が見えている。やっても無駄だ。

同じ結果になるなら、過程を省略して簡潔に。

気持ちが伝わらないというのは、エネルギーも使うし、心も傷つきます。

そんな思いは出来ればしたくありません。

ですが、一見無駄に感じるやり取りをすることが『生きる』ということだと思います。

(僕も実は苦手ですが・・・)

伝わらないことに悩んだり苦しんだりすることも、また生きることです。

きっと質問者さんは頭の回転が速くて先が読めてしまうのです。

しかし、その一見無駄と思えるやり取りをしたい人もいるようです。

きっと質問者さんはショッピングでは、結構即決するほうではないか?と思います。

しかし、買うか買わないか?どれにしようか?を悩むことがショッピングだと思っている人もいるのです。

悩むことがショッピングという行為に含まれているのですね。

そういう人にとっては悩む時間は無駄ではないのです。

きっとそれに近いと思います。

伝わらないことや伝えようと努めることも含めてコミュニケーションという考え方です。

幸福道路理論

幸福道路理論を提唱しています。

人生における幸せ不幸せの位置づけを表現したものです。

幸福道路理論

人はいつも幸福道路を歩いています。

その道路は一本道で一方通行です。

その途中には、「不幸」「悩み」「課題」というポイントがあります。

同じように、「幸せ」「喜び」「感謝」「愛」というポイントもあります。

さまざまなポイントがある一方通行の一本道が「幸福道路」です。

その道のゴールに「幸福」があるわけではありません。

その道のりが「幸福」だから「幸福道路」といいます。

人生は「幸福道路」です。

「いま」目の前に起こっていることが一見して、不都合な出来事であっても、

そのポイントを通ることで、幸せというポイントを通ることが出来ます。

幸せな人生には、うまくいってる時もうまくいってない時もあります。

うまくいってない体験があるから、うまくいった時にその体験が輝きます。

もし、幸せな出来事しか起こらない人生なら、人は生きる意味を失います。

幸せも不幸せも同じ道の上にあります。

それに気づいた時、出来事の受けとめ方が変わります。

人との関係が変わります。

そして、人生が変わります。

あなたはいつも幸福道路を歩いています。

平成29年10月17日

くろちゃん

家族というのは、いつも仲良く、笑顔でいられる時間ばかりではありません。

子育てで意見が分かれて夫婦喧嘩をすることもあるし、進路のことで親子喧嘩をすることだってあります。

病気になったり、怪我をしたり、悪い出来事だってあるのが家族というものです。

人間ひとりで生きていく場合でも同じです。

ひとりだから、なんでもかんでも自由かというと、そういうわけにはいきません。

人間はひとりでは生きていません。

モノの向こうには必ず人間がいます。

人間関係というものがなくても様々なモノを通して人間は深い絆で結ばれています。

生きていれば、自分に都合の良いことばかりあるわけではありません。

不都合なことに取り組まないといけないことだってあります。

ですが、それが生きるということです。

愉快なことだけではなく、不愉快なことも楽しめると人生のすべてが味わえます。

不愉快も楽しめると最高です。

あの苦い経験があったからこそ今がある

大変な理想論を書いてしまいましたが、僕も質問者さんと同じ気持ちになることが多々あります。

言っても無駄。

どうせわかってもらえない。

言っても言わなくても結果が同じならエネルギーを使いたくない。

自分でやった方が速い。などなど。

こう書いてみるとなるほど、かなり不遜な態度です。(笑)

ですが、最初のところにも書きましたが、伝わらない、わかってもらえないというのは、心が傷つくものです。

だったら、何もしない方が傷つかない。

自分でやるつもりなら傷つかない。

そんな思いもあるのです。

挑戦しなければ失敗しない。

それと同じです。

ですが、挑戦しなければ成功もないということも真理です。

ときに傷ついたとしても、『それがあったからこそ』と、言える未来にするために今何をするべきか?

あの苦い経験があったからこそ、今があると言えるようにするために今何をするか?

そういう問いかけを自分にしていきたいと思うのです。

あの苦い経験があったからこそ今があるのまとめ

今日は『あの苦い経験があったからこそ今がある』と題して、あの苦い経験があったからこそ今があるということついて考えました。

伝えようと努めることもコミュニケーション 
きっと質問者さんはショッピングでは、結構即決するほうではないか?と思います。
しかし、買うか買わないか?どれにしようか?を悩むことがショッピングだと思っている人もいるのです。
悩むことがショッピングという行為に含まれているのですね。
そういう人にとっては悩む時間は無駄ではないのです。

幸福道路理論 
生きていれば、自分に都合の良いことばかりあるわけではありません。
不都合なことに取り組まないといけないことだってあります。
ですが、それが生きるということです。
愉快なことだけではなく、不愉快なことも楽しめると人生のすべてが味わえます。
不愉快も楽しめると最高です。

あの苦い経験があったからこそ今がある 
ときに傷ついたとしても、『それがあったからこそ』と、言える未来にするために今何をするべきか?
あの苦い経験があったからこそ、今があると言えるようにするために今何をするか?
そういう問いかけを自分にしていきたいと思うのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

ともいき個人セッションでは、あなたのお話を聞くことで、あなたが見えていないもうひとつの現実をともに探します。目から鱗が落ちる体験になります。

「迷わない」「信じる」ことを超本気でやってます。
ともいき信聞塾はオンラインで開催中!!

No tags for this post.
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
No tags for this post.