《スポンサードリンク》
くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング

心を綺麗にする方法ー心を綺麗にしようと思わずに静かにすることーパパジ

『心を綺麗にする』そうあればいいなと思いますが、
正直者がバカを見るではありませんが、
綺麗ばかりだと
この汚れた世の中であざむかれず、搾取さくしゅされずに生きていけのだろうか?と
疑問にも思ってしまいます。

今日は『心を綺麗にする方法ー心を綺麗にしようと思わずに静かにすることーパパジ』と題して
心を綺麗にするとはどういうことか?
それでこの汚い世の中を生きていけるのかについて書いていきます。



世界一、幸せなみなさんへ

今日も読んでいただき
感謝しています。

そして、
幸せでいてくれて
ありがとうございます。

くろちゃんも、
いつも幸せを感じています。

くろちゃんは、
世界一幸運です。

毎日、
奇跡を感じている
くろちゃんです。

心を綺麗にする方法 パパジ、なぜ「心をきれいにしろ」と言わないのですか?

字幕ボタンをオンにしてご覧ください

ラマナマハルシの在家弟子・シュリー・プンジャジ(パパジPapaji)

プンジャジ

6歳で見性して至福に満たされたプンジャジ。31歳でやっとそれを導いてくれる師ラマナマハリシに出会い、悟り体験をします。
面白いのは、師は出家をゆるさず(当時パキスタンだったので、プンジャジが出家すると女性ばかりの家族が大変生活に困ることになるので)、商売や鉱山経営の仕事を続けます。
55歳にしてはじめて自由の身になれますが、結局出家ではなくて在家の智者として悟りの智慧を人々に広めます。
北インドのラクナウという町の彼の家に世界中から真理を聴くために人々が集まるようになりました。
師ラマナマハリシのいる南インドのアルナチャラのアシュラムにはほとんど行かず、臨終の時にも行くことがありませんでした。でもラマナマハルシの最大の弟子としてその真理のことばは燦然と輝いています。
無我でも仕事ができる と強調しています。
彼の弟子で今活躍しているのが米国在住の女性アントワネットRヴァーナー(ガンガジ)です。彼女については、平成の悟りを開いた人に詳述しています。

https://tardiozine.tumblr.com/post/881972757/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%81%AE%E5%9C%A8%E5%AE%B6%E5%BC%9F%E5%AD%90%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B8%E3%83%91%E3%83%91%E3%82%B8papaji

心を綺麗にする方法 ほこりを積まない

衝撃的な事実をパパジは言っています。

それは『心』がほこりだということです。

心を綺麗にしたいと思う”心”こそ『ほこり』なのです。

ほこりを取り除き綺麗にしたいと思えば思うほどほこりを積んでしまいます。

ほこりでほこりを掃除しているみたいなものです。

ですから、何もしないことなのです。

エイヤ!とすべてを手放してください。

『こうしたい』、『こうありたい』というがんばった心を解放するのです。

『静かにしてください』とパパジが言うのは
『こうしたい』、『ああしたい』という心の中のおしゃべりを止めなさいということなのです。

心を綺麗にする方法 苦行では悟れない

「シャカは29才の時、出家し6年間厳しい修行を積んだ。しかし、それによって悟りを得ることはなく、苦行をやめ里に下りることにした。そして菩提樹の下で瞑想中に悟りを得、ブッダとなった」

https://sfsingularity.hatenablog.com/entry/2017/02/13/001401

お釈迦様は苦行のすえ苦行では悟れないということを悟りました。

では、苦行は無駄だったのでしょうか?

そんなことはありません。

苦行したから苦行では悟れないことを知ったわけですから苦行がなければそこにはたどり着けなかったのです。

心を綺麗にするためには『何もしないこと』『静かにすること』だとパパジは言っています。

しかし、それは心を綺麗にするためにあらゆることをした『あなた』にしか通用しないことです。

ここまでがんばったから、がんばることを止めることが出来るのです。

がんばっていない者に止めるものはありません。

心が綺麗な状態とはがんばった自分を解放した状態なのです。

心を綺麗にする方法 心の鏡を取り除く

誰もが心に鏡を持っています。

そこに自分が創り上げた自分を映し出し、
こんな自分ではダメと思ったり、
逆に今の自分はイケていると自画自賛したりします。

その鏡がほこり(ジャッジ)です。

その鏡はありたい自分とそうでない自分を創り出すのです。

『こうありたい』『今のままの自分ではダメ』だという自己否定がはじまります。

それが苦しみになります。

ではその逆にイカした自分ならいいのか?

それもまた苦しみになるでしょう。

過去の後悔を創り、未来の不安を創ります。

なので鏡そのものを取り除くことが出来るのが最高なのです。

心を綺麗にする方法 『ほこりを積まない』とも思わない

『ほこりを積まない』実践は今この瞬間からしか出来ません。

準備が出来たら、明日から・・。無理です。

それがほこりだからです。

今この瞬間に『こうありたい』『ああなりたい』を心から取り除くことです。

いえ。そうとも思わないことです。

『ほこり』を積まない。
しかし、『ほこりを積まない』とも思わない。

心を綺麗にする方法 この汚い世の中を生きていけるのか

ここまで読み進めた方は気づいているかもしれませんが、
この世の中を汚いと評価しているのも自分のほこりだということです。

ほこりがあるから『あざむかれる』『詐取さくしゅされる』という思いと戦わないといけません。

本当に心が綺麗になるとそんなほこりさえなくなってしまうのです。

『バカになれ!』バカでいいじゃないですか。

自分にとって何が大切かが重要なのですから。

心を綺麗にする方法ー心を綺麗にしようと思わずに静かにすることーパパジのまとめ

今日は心を綺麗にする方法ー心を綺麗にしようと思わずに静かにすることーパパジと題してパパジの教えから心を綺麗にする方法を解説しました。

心を綺麗にする方法はほこりを積まないことです。

ただ『ほこりを積まない』というのもほこりですから。

何もしないこと。
今のままの自分を良しとすることが
すべてを良しとする綺麗な心につながります。

自分の心が綺麗なら世の中も綺麗なのです。

今日も読んでいただきありがとうございます。





くろちゃんへの承認のクリックをお願いします
人気ブログランキング
くろちゃんのメルマガ 日刊ともいきマガジンの登録はこちらです。
スタディング 公務員講座